2019/11/11

L.v.B.室内管弦楽団 第45回演奏会

L.v.B.室内管弦楽団 第45回演奏会
2020年3月20日(金・祝日) タワーホール船堀大ホール
13:30 開場 14:00 開演

指揮:
 苫米地 英一

独奏:
 西山 早紀

曲目:
 L.v.ベートーヴェン /
 バレエ音楽《プロメテウスの創造物》 作品43より序曲
 ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
 交響曲第3番変ホ長調『英雄』 作品55

入場料:
 全席自由1,000円(前売800円)
 前売りチケットはイープラスにて取り扱い→購入サイトへ

お問い合わせ:
 メールでのお問い合わせ
 050-5892-6765(事務局)

会場アクセス:
 都営新宿線船堀駅下車、徒歩約1分

生誕250周年として各地で取り上げられている楽聖ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。交響曲「運命」「第9」、ピアノ協奏曲「皇帝」をはじめ、管弦楽や室内楽に数多くの名作を残した天才の作品から、第1回演奏会以来何度も取り上げてきた「エロイカ」を再演。
ナポレオン・ボナパルトに献呈される予定が彼の皇帝即位の報を知り、「ある英雄の思い出のために」と書き足された逸話はあまりに有名な代表作。
もはや語るまでもない交響曲の歴史を変えた一曲。

ピアノ協奏曲第4番でも楽聖は新たな試みに挑戦する。
協奏曲と言えば長短あるもののまずオーケストラが主題提示をしてから独奏がはじまるのがセオリー。しかしこの作品では独奏楽器が冒頭から演奏を始める新しい試みがなされる。

演奏会の1曲目は序曲「プロメテウス」。
初期の作品で知名度も低い、2曲しかないバレエ音楽のひとつ。
物語と音楽と踊りの融合を目指した作品は興行的には失敗したが、のちに交響曲第3番の第4楽章でも用いられる「エロイカ変奏曲」と呼ばれる音楽が盛り込まれベートーヴェンのこだわりの作品である。

耳の病に苦しめられながらも数々の名作を残したベートーヴェン。
常にチャレンジした楽聖の作品は現代でも常に新しい響きを奏でると評しても過言ではないだろう。


※弦楽器のメンバーを募集しています→詳しくはこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿