Bの日記帳

2015/12/11

C.ライネッケ / オーボエ、ホルン、ピアノのためのトリオ イ短調 Op.188

  ベートーヴェンの第九交響曲が初演された1824年に北ドイツに生まれたカール・ライネッケ。メンデルスゾーンとシューマンの弟子で、ライネッケは彼らの約10歳年下。師匠の世代にはショパン、リスト、ヴァーグナー、ヴェルディなど錚々たるロマン派の大家が顔を揃え、同世代にブルックナー、さらに約10歳下にブラームスという時代に生きた人物です。

 作曲家としてその顔ぶれの中で、こと日本において、彼らほどの名声をライネッケが残しているとは言えません。フルートを学ぶ人なら、ライネッケのフルート協奏曲とフルートソナタ「ウンディーネ」は重要なレパートリーとしてご存知でしょう。他にはいくつかの室内楽曲が近年光を浴びつつあるくらい。しかし実は出版されているだけで約300曲、未出版を数えると1000曲以上となる、様々な分野にての膨大な曲を書いています。7歳には作曲を始め、13歳で作品1を出版し、亡くなる前年の84歳まで曲を生みだしています。オリジナル楽曲の他にも協奏曲のカデンツァ(モーツアルトのピアノ協奏曲の全て、ベートーヴェンの協奏曲が主とされ、特に現在よく実用されるモーツアルトの「フルートとハープのための協奏曲」のためのカデンツァを含めて、それらはライネッケの名前よりも有名になっていると言えます)、交響曲、ピアノ曲、協奏曲、歌曲、オペラなどジャンルは多岐に及び、さらに彼はピアニスト、教育者、指揮者としても長期間に渡り大変精力的に活動しました。

 ピアニストとしては10代で既に著名の域となり、デンマークの宮廷ピアニストを経て各地での大規模な演奏旅行(国王の奨学金による)、リストやクララ・シューマンと共催の演奏会も多数という第一流の演奏家。シューマンから作品72「4つのフーガ」を献呈され、リストからは二人の娘のピアノの指導を委ねられました。特にモーツアルトの名手として知られ、優美でリリカルなタッチ、歌うようなレガートがリストを感嘆させていたとの事。

 教育者としては、27歳からケルンの音楽院で作曲とピアノの教授を兼任してのち36歳でライプツィヒ音楽院の教授に就任します。院長を務めた最後の5年間を含めて実に40年以上をも、師であるメンデルスゾーンが開いたこの音楽院で教鞭をふるった事になります。教育の標準を確立するために、彼はバッハから同時代に至る数多のピアノ作品の校訂やトランスクリプション、さらに著名な管弦楽曲等のピアノ編曲を一手に引き受け、更に著作、子供や学生を対象とする教育作品も数多く。これらが模範的教材としてドイツで広く使用され、ドイツの音楽界の育成に多大な影響を与えた(現在も与え続けている)という教育界の重鎮です。彼の生徒にはグリーグ、ブルッフ、ヤナーチェク、ディーリアス、アルベニス、ワインガルトナーなどがおり、シベリウスも孫弟子です。穏健、誠実で慕われる人柄だったようで、また作品数や手がけた膨大な仕事と種類からも恐るべき勤勉さがうかがえます。

 指揮者としての経歴も素晴らしいものです。30歳からオーケストラ指揮者を務めるようになりバルメン、ブレスラウを経て36歳でゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任してからは35年に亘って当オーケストラを統率し、屈指の力量を定着させました(音楽院の教授業や作曲とも勿論、同時進行です)。ブラームスの「ドイツ・レクイエム」全曲初演をはじめ、後輩たちの作品をも多数取り上げています。

 さて、ここまでそんなライネッケの業績をご紹介してきました。どれも超一流であったことは分かります、それらの全てを質の高い仕事内容で両立させた超人的な存在自体が驚きなのですが、調べるほどに そんな彼の名前が没後100年を経た現在、一般にあまり知られていないことに更なる驚きを覚えずにいられません。

 理由として、活動領域の量と範囲と質が大きすぎるために、まず いったい彼が何者であったのか全体像をひとくちで語れず、ジャンルで突出しないため埋没しがちであること。また、作曲家として、前述の通り10年前後の世代にあれだけの個性的な面々が立ち並ぶ中で、系譜的にはシューマンとブラームスを繋ぐロマン派の中枢でありながら、立場上 古典にも新風にも精通しつつ、同時代のあらゆる作曲技法を自在に操れたゆえに包摂してしまい、オリジナリティの欠如という危険を孕みました。決して模倣ではないのに、個性の強烈なシューマンやメンデルスゾーン、ブラームス『の影響』といった比喩・印象が付き纏ってしまう評価を安易に下されがちです。また教育作品でも有名であるがために、その方面が得意ととられて、演奏家からの無関心やプログラム編成上の敬遠を招くケース。そして、推論として度々聞かれるのが、いわゆる超絶技巧など派手に目を引く箇所が少なく、作風は堅実で保守的(メンデルスゾーンから引き継いだ音楽院の方針でもあります)とされ、要するに「どちらかと言うとパッとしない」「傾向的に地味だろう」という印象。こうして没後は多くの作品が埋もれていったとみられます。

 ですが、今回ここで取り上げる三重奏でお聴き頂けます通り、「パッとしない」そんな印象はおそらくお持ちいただけないはずです。堅実で保守的?確かに、書式は破綻ない堅実さですし、無理のある音域が基本的に排されて管楽器にはシューマン作品などよりはるかに息継ぎに配慮もあると同時に、確かに超絶技巧をひけらかす、とまでの派手派手しい場面は無さそうです。だからと言って易しいかと言うと飛んでもありません。それらの配慮がある上で、それぞれの楽器の特性やプレーヤーの個性、フレージングと表現についての考えと実現力を絶妙なラインで深く問う、譜面上はシンプルに見えて奏者を育てる目的が随所に仕込まれているようで唸らされる(さすが教育のプロとも思わされながら取り組んでいます)ものにもなっています。金管楽器代表、木管楽器代表、そして鍵盤の王様ピアノフォルテ。誰も脇役でもなく独立した音色と個性の三つ巴のような扱いです。この3つの楽器のチョイスと、それらに受け持たされたのが、1.300曲の中で何故こういう役目、立ち回りなのか?それもまたライネッケという人物と考え方について興味深く思わされます。

 そして技術的な事とは別に、音楽的に「パッとしない」かどうか。これも飛んでもない話で、とても人間的、有機的で魅力的な音楽が詰まっていると思います。ドイツの音楽教育界の権化でガチガチかと思いきや、こんな柔軟な引き出しも持っているのかという、驚くほど楽しげであったり、優しさに満ちていたり、ドラマティックだったり。さながら映画音楽のような楽章もあります。季節でイメージするとしたら、1楽章は秋。2楽章は初夏。3楽章は春、それも桜の頃。4楽章は…春でも夏でもスキーでもいい、とにかく行楽日和、というところでしょうか。

 この曲は作品番号188番、42歳の頃なのでライプツィヒで教授職と指揮者就任から7年目の時期のものです。今回のトリオも、40歳前後のメンバー3人での組み合わせとなり、奇しくも作曲家の人生のタイミングに近いようです。作品評として「苦み走った大人の音楽」との声もあるこの曲、(この印象は楽章が限定されると思いますが…)そろそろ人生も演奏も色々な経験を積みつつある3人、どのような人間模様をお見せできるでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿